自律神経失調症の悩みを解消~早めの治療が大切~

doctor

600万人もいる疾患

tree

患者数と発生原因

自律神経のバランスが乱れることで発生する自律神経失調症は、国内に約65万人の患者が存在します。潜在的な患者を含めると600万以上と考えられています。自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから成る自律神経のバランスが、何らかの原因によって崩れた場合に起こる症状を総称して呼ぶものです。発生原因や症状は多岐に渡り、特定が難しい疾患でもあります。自律神経失調症を発症する原因は、不規則な生活習慣、日常的な過度なストレス、虚弱体質、環境の変化、ホルモンバランスの乱れなどがあげられます。その他、薬やアルコールの過剰摂取、身体の歪みなどもあげられます。これらの原因から見ても、この先患者数はどんどん増加していくと考えられています。

発症前に予防する

自律神経失調症を予防するためには、発症原因を排除していく必要があります。早寝早起き、ストレスを溜めない、身体を丈夫にするなどを心がけると良いでしょう。ストレスに関しては完全に無くすことは難しいので、気持ちを切り替える訓練や考え方を変える訓練を行うことが効果的です。また、ストレスを感じてもうまく発散できるようになることも重要です。身体を丈夫にするためには食事と運動を意識しましょう。野菜中心のヘルシーな食事と適度な運動で体質改善が望めます。こちらは、ホルモンバランスの乱れを予防する効果も得られます。これに加えてアルコールの摂取量を極力減らすようにすると良いでしょう。こちらも体質改善とホルモンバランスの乱れの予防に繋がります。そして、身体の歪みを引き起こさないためにも、良い姿勢を心がけましょう。長時間のパソコンやテレビ、デスクワークなどは要注意です。こまめに休憩を挟むのが望ましいとされています。

注意すること

nurse

城東区の内科では、それぞれの病院によって、受診の方法などが違ってきます。なので、初めて受診をする場合は、一度確認をしてから、行ってみるといいでしょう。そして、症状によっても診てもらえるか聞く事もできます。

» 詳細へ

自宅の療養生活をサポート

hospital

在宅医療サービスは定期的な訪問診療だけではなく、緊急時に対応してもらえることが人気が高まっている理由のひとつです。在宅医療サービスは老人介護施設でも受けることが可能で、世田谷区内でも入所した施設で在宅医療を利用する高齢者が増えています。

» 詳細へ

心筋梗塞や心不全の治療

woman

病院の循環器科では、動悸や息切れがしたり、脈が乱れている人などを診察します。また家族に心不全などがある場合にも検査を受けることができます。治療する主な病気としては狭心症や心筋梗塞などがあり、様々な検査を行います。人気のあるのが心電図検査と超音波検査です。痛みや放射線被曝がないので人気です。

» 詳細へ